トップページ » 本当にサンフレッチェはACLでメンバーを落としたのか(2013ACL小括)

本当にサンフレッチェはACLでメンバーを落としたのか(2013ACL小括)

サンフレッチェ広島の冒険、ACL2013は4月30日に終了。
昨年度リーグ王者として臨んだ大会でしたが、前回出場より結果は悪いもので。
3分3敗、ホームでの得点なしというスコアが残りました

この結果に対して厳しい声もあれば擁護する声も見かけます

「恥ずかしい」「辞退しろ」「勝つ気があるのか」「手を抜いた」
「仕方ない」「悔しいがよく頑張った」「監督・クラブを信じよう」

様々な立場からいろいろな主張があることでしょう。
ただ、1点だけはっきりとさせておかないといけないと感じたことがあります

タイトル通り"本当にサンフレッチェはACLでメンバーを落としたのか"

結論から言えば、私は落としたのだと考えています。
しかし、「勝つ気があるのか」、「手を抜いた」という言葉に一人歩きされては困るのです


きっちりとどのようなメンバーで戦ったのかを書き記しておいた方がいい。
批判・評価するならまず前提がしっかりとしていないと始まらない。
その下地を用意しよう

今回のブログはそんな動機で書き上げました



まず大前提として今回調べる対象はACL2013 グループリーグ第1節~第4節。
これは 第4節の結果をもって敗退が決定したため

調べる上で参考にしたのは以下のものです

①ACL2013 GL第1節 ブニョドコル戦(HOME)
◆試合開始前の概要
日時:2月27日(水) 19時キックオフ
会場:広島広域公園陸上競技場

23日に国立競技場で優勝したゼロックススーパーカップから中3日。
更に3日後の3月2日にはリーグ開幕戦(エディオンスタジアム)が控えています

この試合に影響したと考えられる故障者情報は次の2件。
ミキッチもファンソッコもこの試合ではベンチ外になっていました

ミキッチ選手の負傷について
《2013年5月3日閲覧 サンフレッチェ広島》

診断名
 左肩鎖関節捻挫
全治 3週間
ファン・ソッコ選手の負傷について
《2013年5月3日閲覧 サンフレッチェ広島》

診断名 右ハムストリング肉離れ 
全治 4週間

◆出場メンバー
ACL2013_GL01
footballtactics.netで作成》

【途中交代】
68分 高萩洋次郎→森崎浩司
76分 山岸智→清水航平
80分 岡本知剛→中島浩司

(注記)
黄色マーカーの選手はゼロックスに先発出場していない
緑色マーカーの選手はゼロックスに途中出場している
名前が青色で表示されている選手はゼロックスに先発出場している


◆補足・検証
直近のゼロックスから3人を入れ替えての試合。
ベンチに置いた森崎和幸は出場させず、途中交代も中島浩司を起用しました。
また、森崎浩司の途中出場も高萩洋次郎が内転筋を痛めたことが理由。
高萩の故障がなければ交代は別の形だったかもしれません

一方、代わってスタメン出場した選手について。
3人とも"若手"というよりは"経験のある選手"という表現が正しい選手でしょう。
昨シーズン、石原は32試合、岡本は26試合、中島は2試合に出場。
試合時間でいえば、石原は1784分、岡本は2163分、中島は88分。
中島は試合出場こそ少ないものの、22試合でベンチ入りしています

【AFCチャンピオンズリーグ2013 広島 vs ブニョドコル】森保一監督(広島)記者会見コメント
《2013年5月3日閲覧 J's GOAL》

Q:選手をゼロックスの時とは何人か入れ替えましたが、それはコンディションをにらんでのこと?

「そうですね。コンディションのことを考えて、よりフレッシュな選手を投入しました。替わって入った選手たちは、キャンプからいい動きをしていたし、トレーニングでも力を発揮していた。試合でも活躍してくれる、やってくれると信じて起用しました。もちろん、彼らは頑張ってくれていましたが、だからこそチームとして結果が出なかったことが残念です」

また、ゼロックスで左膝を負傷して途中交代した佐藤寿人も先発フル出場しています。
ACL緒戦に関して言えばコンディションを重視したと考える方が妥当ではないでしょうか


②ACL2013 GL第2節 北京国安戦(AWAY)
試合開始前の概要
日時:3月13日(水) 19時30分キックオフ
会場:北京工人体育場

4日前の3月9日にアウェイ新潟に乗り込んでリーグ戦初勝利をあげました。
翌週のリーグ戦はACLの影響で日曜日に変更され3月17日に鹿島とホームで対戦

公式には発表されていませんが佐藤寿人が新潟戦で負傷して欠場。
前節と同様ミキッチ、ファンソッコ不在に加えて高萩も長期離脱したまま

◆出場メンバー
ACL2013_GL02
footballtactics.netで作成》

【途中交代】
68分 清水航平→イデホン
84分 石川大徳→山岸智

(注記)
黄色マーカーの選手は新潟戦に先発出場していない
緑色マーカーの選手は新潟戦に途中出場している
白色マーカーの選手は新潟戦に先発出場しているがポジションが異なる
名前が青色で表示されている選手は新潟戦に先発出場している


◆補足・検証
直近のリーグ戦で佐藤寿人が負傷退場。
ミキッチ、ファンソッコ、高萩洋次郎に続いて主力としては4人目の離脱でした

苦肉の策で左サイドの清水をシャドーの位置に置いて戦います。
しかしこれが裏目に出て、この試合で負傷した清水は全治8週間の長期離脱。
青山敏弘も軽傷ながら足を痛めるなど北京での戦いは楽ではありませんでした

清水航平選手の負傷について
《2013年5月3日閲覧 サンフレッチェ広島》

診断名
 右膝内側側副靭帯損傷
全治
 8週間

しかしベンチメンバーまで見てみると森崎和幸と森崎浩司は帯同せず。
代わりに井波靖奈、鮫島晃太、二種登録の川辺駿がベンチ入り。
3人とも今シーズン初のベンチ入りとなりました

離脱が多かったとはいえ、少しメンバーを落とした布陣だったと言えます。
ただし、森崎兄弟に関しては抱えている持病のことを考慮する必要はあります。
また、アウェイで引き分けルことを目標としていた可能性はあるでしょう


③ACL2013 GL第3節 浦項スティーラーズ戦(HOME)
試合開始前の概要
日時:4月2日(火) 19時キックオフ
会場:広島広域公園陸上競技場

3月30日にアウェイ清水戦を戦って中1日。
週末の4月6日には当時首位の横浜F・マリノスとホームで戦います

清水戦ではミキッチと高萩洋次郎が復帰、即先発。
佐藤寿人もその1試合前の鹿島戦で復帰しています。
更にファンソッコもこの試合でベンチ入りするなどメンバーが戻ってきました

一方で森崎浩司が練習で負傷して清水戦からメンバー外になっています

◆出場メンバー
ACL2013_GL03
footballtactics.netで作成》

【途中交代】
13分 青山敏弘→高萩洋次郎
59分 石川大徳→ミキッチ
79分 パクヒョンジン→山岸智

(注記)
黄色マーカーの選手は清水戦に先発出場していない
緑色マーカーの選手は清水戦に途中出場している
名前が青色で表示されている選手は清水戦に先発出場している


◆補足・検証
主力の離脱者は清水航平と森崎浩司だけで望んだこの試合。
前半13分にいきなりアクシデントで青山が高萩と交代することになりました

これまでの2試合と違い、中1日だったためメンバー構成の評価はしにくいところです。
清水戦に先発出場した森崎和幸と途中出場した中島浩司はベンチにも入っていません。
また、負傷から復帰したばかりの高萩、ミキッチ、ファンソッコもベンチスタートでした


④ACL2013 GL第4節 浦項スティーラーズ戦(AWAY)
試合開始前の概要
日時:4月10日(水) 19時30分キックオフ
会場:スティールヤード

4月6日のホーム・マリノス戦から中3日。
更に中3日でホーム・鳥栖戦が控えています

勝利以外では敗退の可能性がある広島は森崎浩司と清水航平が離脱中。
前節負傷退場した青山はマリノス戦に続いて大事をとってベンチ外でした

◆出場メンバー
ACL2013_GL04
footballtactics.netで作成》

【途中交代】
46分 佐藤寿人→高萩洋次郎
78分 石川大徳→ミキッチ
87分 パクヒョンジン→山岸智

(注記)
黄色マーカーの選手はマリノス戦に先発出場していない
緑色マーカーの選手はマリノス戦に途中出場している
白色マーカーの選手はマリノス戦に先発出場しているがポジションが異なる
名前が青色で表示されている選手はマリノス戦に先発出場している


◆補足・検証
森崎和幸を温存している状況で青山まで離脱したためボランチは岡本と中島。
ミキッチと山岸、高萩も温存したため中盤は石原・岡本以外総取っ替えという状況でした

また、ポハンを相手取るために昨年CWCで用いたリベロ塩谷に変更。
千葉をベンチに下げてファンソッコを右ストッパーに起用する形になっています。
ディフェンスに関しては昨年からのオプションであり、メンバーを落としたとは言えないでしょう



⑤ベストメンバー
以上が簡単ではありましたがACLの4節までのメンバー構成の簡単なまとめです。
一通り資料を見たつもりですが、思い込みでミスがあるかもしれません。
間違い等があれば教えていただけると大変助かります


厳密に言うと、今回の記事はメンバーを落としたかどうかの検証ではありません。
なぜなら「何を持ってベストメンバーというか」の定義付けを避けているからです

たとえばJリーグ規約第42条・同補足基準をもとに考える方法もあるでしょう。
数試合前と数試合後を参考に考える方法や昨シーズンの出場実績をもとにしたり。
コンディションや怪我、相性なども加味するべきという声もあるでしょう

そのどれが正解とも言いにくい。
現場にいないと見えないことが多すぎます

それでも評価をするのならまずはメンバーを知ることから始めないと。
そうでなくてはあまりにもアンフェアでしょう?


最後に、少なくとも1サポーターとして「勝つ気がなかった」とは思っていません。
チームとして出せるリソースの中で最大限頑張ったと信じたい

ACLで経験を積んだ選手が台頭することで批判を黙らせることが出来ると信じています


以上をACL2013の小括にかえて

トラックバックURL
コメント
1. Posted by    2013年05月04日 09:58
分析素晴らしいの一言です。
今回様々なblog、掲示板でサンフレッチェサポーターの意見を聞きましたが、こういった冷静な分析がないままに、「メンバーを落としていない」「クラブの方針は正しい」という一方的感情的な意見ばかりを述べるサポーターの姿勢にいささかびっくりしていました。
ベストメンバーの定義ですが、単純にどちらのメンバーが主力かということにつきるかと思います。

今回私が問題だと思うのは、クラブも監督もサポーターもベストメンバーの定義を、「Jリーグとアジアを戦う状況でのACLでのベストメンバー」と一方的に決め、故に全てベストメンバーであるという結論だけを導き出してしまっている点だと思います。

私はACLにベストメンバーが組めないならそれはそれで致し方ないと思います。
しかし、ならばJリーグの一員としてクラブも監督もそれを明確に説明する義務があると思いますし、サポーターもそれを認識する必要があると思います。

過去にもアジアでメンバーを落としたチームはあります。しかしクラブ、監督、サポーターがこれだけ頑なにそれを発信しないという例は見たことがありません。

広島のドメスティックな風土によるものなのかも知れませんが、クラブにプラスに働くことはないと思います。
2. Posted by ハム   2013年05月04日 10:55
5 こうして分析してみると、Jリーグがアジアを勝ち抜くために、日程的な配慮を一切してくれていないことが良くわかりますね。
そして、サンフレッチェは、アジアで負けて状況が悪くなる程、若手メンバーに切り替えていったというのが鮮明です。
最初から、結果が良ければ、リーグ戦と同じメンバーで挑んだかもしれませんが、そこまでアジアで勝ち抜くメリットが無いんだと思います。
Jリーグは、移動の負担(金銭的な)にも配慮してくれているのだろうか?
3. Posted by 管理人   2013年05月14日 00:41
1コメさん

コメントありがとうございます

早速ですが、何を持ってベストメンバーとするかは人によるだけでなく、時と場合によることもあります。具体的には、その参加している大会において何をゴールとしているかによって変わるでしょう
したがって、ベストメンバーであったかどうかよりも最終目標を明らかにする場が今後あればいいと考えています

今年1月にあったサポカンでもACLに対する具体的な目標について明言は避けていますから
http://www.sanfrecce.co.jp/club/conf01.html

Jクラブはもっと情報公開に積極的になって欲しいと思ってはいますが、そのあたりも徐々に変わっていって欲しいですね
4. Posted by 管理人   2013年05月14日 00:48
ハムさん

コメントありがとうございます

日程麺についてはリーグ戦と代表、国内カップ戦との関係も出てきますし、ナビスコカップを加味すれば相手チームより優位な試合もありました(先日のA大宮戦など)
今年から移動に対して保証が出るという話も出てきていますし、これはまた別途調べてないとコメントしにくいですね
http://www.jfa.or.jp/jfa/rijikai/2013/20130117/riji_tuinin01.html

ただ、状況が悪くなるほどメンバーを落としたように見えるのは仰られるとおりでしょう
各試合ごとに勝ち抜きの可能性やホーム&アウェイなどの状況を加味してメンバーを選んでいた可能性はありそうですね
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星